建築・デザイン・カルチャーのウェブマガジン「designboom」で世界中で最も話題の美術館や文化センターのプロジェクトTOP10の筆頭に選ばれました。

イタリアの建築・デザイン・カルチャーのウェブマガジン「designboom」では、その年に取り上げたプロジェクトの中から、最も話題のプロジェクトTOP10を選んでおり、2018年の「美術館と文化センターの部門」において、世界中で最も話題のプロジェクトTOP10の筆頭に「荘銀タクト鶴岡」が選ばれました。

※発表は2018年12月1日

TOP 10 museums and cultural venues of 2018

●ウェブマガジン「designboom」について
「designboom」は1999年に開設された、最も長い歴史を持つ建築・デザイン・カルチャーのウェブマガジン(イタリア)。
世界各地で開催される展示会等でDesignmartを開設、LEXUS  DESIGN  AWARDをはじめとする様々な国際デザインアワードに関わるなど、全世界に向けた正統派のメディア。
月間アクセス数350万、Facebookフォロワー数110万、Twitterフォロワー数39万、Instagramフォロワー数50万