映画『嵐を呼ぶ男』

映画『嵐を呼ぶ男』

不朽の名作を今ふたたび!35mmフィルム映画コレクション
映画『嵐を呼ぶ男』

【日 時】8/3(土) 12:30上映(開場12:00)
【前売り】500円 ※当日券も同額
【会 場】荘銀タクト鶴岡 大ホール
★ご来場特典:上映作品を解説した特別パンフレット配布!

 ※数量限定のため、無くなり次第終了となります。

〈作品概要〉
石原裕次郎のイメージを決定的にした記念碑的な作品。 1958年の正月映画として公開され、総配収3億5,600万円(当時の平均入場料62円)を超える大ヒットとなり、1954年に製作を再開した日活にとっても、その後を決定づけた作品となった。監督の井上梅次は新東宝からの移籍組だが、 裕次郎が指を負傷してドラムを叩くことができず、 とっさにマイクを握って歌い始めるというツボを押さえた演出で観客を楽しませ、 この一代の大スターの誕生を導き出した。

監督:井上梅次   出演:石原裕次郎、北原三枝、芦川いづみ、金子信雄  1957/日本/カラー/シネマスコープ/100分
  
《不朽の名作を今ふたたび! 35mmフィルムコレクション》 は、令和6年度優秀映画鑑賞推進事業
〈主催者〉荘銀タクト鶴岡・鶴岡市教育委員会/国立映画アーカイブ 
〈特別協力〉認定NPO法人 山形国際ドキュメンタリー映画祭/文化庁/ 一般社団法人日本映画製作者連盟
全国興行生活衛生同業組合連合会/ 株式会社KADOKAWA

映画『嵐を呼ぶ男』